令和2年度補正予算 小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>

コロナ特別枠

従来の<一般型>とは違い、<コロナ特別対応型>として新しい補助金が登場しました。5月1日にまだ未完成だった公募要領ですが、いまは完成版が出ています。

一般型と何が違うかというと、補助金額が最大100万円(または3分の2までのいずれか低い方)(←いまは3分の2または4分の3と、補助率が上がっています)までに引き上げられてるということです。※一般型は最大50万円までなので倍ですね。

次の締切は12月10日(木)郵送:必着(これがホントに最後のチャンスです)。

申請にはjグランツが利用できます。

下記リンクは、上が商工会、下が商工会議所です。

令和2年度補正予算  小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>
令和2年度補正予算 日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型> ::  TOP 

条件に
①次のいずれか一つ以上の投資に取り組むこと
・「サプラチェーンの毀損への対応」、
・「非対面型ビジネスモデルへの転換」、
・「テレワーク環境の整備」
で、補助対象経費の6分の1以上をこのために使用することが必要です。
②持続的な経営に向けた経営計画を策定していること
 を満たす日本国内に所在する小規模事業者等が対象です。

たとえばどんな事業なら申請できるかというと、、、

例)ネットショップを構築しようと考えている方の場合、「非対面型ビジネスモデルへの転換」で申請できるかもしれません。

回数を重ねるごとに審査も厳しくなっているようです。

ご相談、お問い合わせ

お問い合わせフォーム
お問い合わせフォームからのご相談、ご質問は24時間受け付けております。

2日以上過ぎてもお返事ない場合は、返信用メールアドレスをお確かめのうえ、再度お問い合わせください。

お電話でお問い合わせいただいた場合で、すぐにこちらが応答できなかったときは、お問い合わせフォームからご連絡いただきますようお願いいたします。